大学院 社会人入試 一般入試

社会人入試か一般入試か

社会人入試か一般入試か

社会人から大学院を受験するばあい、社会人入試があるかどうかは重要なポイントです。
社会人入試があれば、合格する可能性はかなり高くなりますからね。
多くの大学院では入試に社会人枠を設けています。
まあ、なければそれまでなのですが・・・

 

ただ、社会人入試にも受験資格があります。
会社に所属しながら大学院で勉強や研究をする社会人大学院生の場合は社会人枠で受験することがOKだけど、会社を退職した元社会人はダメ、という場合もあります。
ちなみに私の場合このパターンでした。
入試のときには退職していたので、社会人枠では受験できませんでした。

 

社会人とはいっても、会社に所属していないとだめなのか?
自営業や自由業の場合はどうなのか?
もし自由業でも大丈夫なら、一般学生でも「先月から自由業になりました」なんて主張したら社会人入試を受験できるのか?
・・・なんて疑問が出てきましたが(笑)、要は現役で会社員などでない場合は社会人枠で受験できない可能性がありますので、志望する大学院に問い合わせてみましょう。

 

ただ、一般入試で受験するしかない、という場合でも決して悲観しないでください。

 

そもそも自分の研究したい専門分野の基礎知識を勉強するわけですから、受験勉強は楽しいです。
そこが高校受験や大学受験と大きく違います。

 

それに実際に入学して研究を始めると、入試の勉強以上にもっともっと勉強や研究をしないといけません。
それに、一般入試程度のことが理解できないで大学院で研究なんてできない、と私は思います。

社会人のための大学院・大学を調べるならこちら!
↓↓↓
専門分野別・地域別・目的別に検索|新設大学院を検索

ホーム RSS購読 サイトマップ