日本学生支援機構 奨学金 日本育英会

日本学生支援機構の奨学金

日本学生支援機構の奨学金

奨学金として最もよく知られているのが「日本学生支援機構」(昔の日本育英会)の奨学金だと思います。
日本学生支援機構の奨学金は、修士課程で月に約9万円程度、博士課程で12万円程度と、結構な金額が支給されます。
ところが、この奨学金、「支給」ではなく「貸与」なのです。
つまりぶっちゃけて言うと「借金」なわけです。

 

もっと細かくいうと、日本学生支援機構の奨学金には無利息の「第一種」と有利息の「第二種」があります。
で、第二種のほうは貸与金額が何段階があるのですが・・・

 

無利息にせよ有利息にせよ、いずれ返還しなければならないという意味で、実質借金には違いありません。

 

行きはよいよい帰りは怖い〜というわけで、大学院生の間はいいのですが、学生生活が終わると「奨学金の返済」という重い事実が待っているのです。
しかも修士課程・博士課程の5年間満額で貸与を受けていると、返済額は全部で600万円以上になってしまうのです。

 

ただ、日本学生支援機構の奨学金、返済しなくても良い特例もあるようです。
非常に成績優秀な学生の場合、返済が免除されるようです。
そこで気になるのが「優秀」の定義。
これが実はあまりはっきりとしていません。
「課程の間に公表された論文のインパクトファクターの合計がいくら以上」という基準などがあればいいのですが・・・そういう明確な基準もないようです。

 

調べていくうちに分かったのですが、大学院の授業の評価(優・良・可・不可というやつです)の平均が良ければ免除されたという例もあるようです。
個人的には、大学院生は研究してナンボだし、授業評価で決めるのも何だかなあ・・・とは思うのですが、現実にこういう例もあるようです。

社会人のための大学院・大学を調べるならこちら!
↓↓↓
専門分野別・地域別・目的別に検索|新設大学院を検索

ホーム RSS購読 サイトマップ