社会人大学院 受験

社会人大学院入試を受験したい貴方に

理系社会人大学院生だった管理人について

社会人大学院

はじめまして。
「社会人大学院入試を受験する貴方に」管理人のkiloです。
私は大学を卒業後、8年間社会人を経験した後、生命科学系の大学院生として修士課程に入学、博士課程に進学した後、博士号を取得した者です。

 

このサイトでは、社会人から大学院入試を受験し、理系の大学院生としての研究生活を送った、私の体験をつづりたいと思っています。

 

一旦社会に出てから大学院を目指そうと考える方は意外に多いようです。
しかし、そう考えていても、日々の多忙な仕事の中で研究する時間を取れるのか?職場の理解と協力は得られるのか?そう考えるとなかなか一歩を踏み出せないものです。

 

一方、会社を退職して大学院生になるのは、研究時間を十分に取れるというメリットがあります。
しかし、経済的な基盤を失うことが大きなデメリットです。

 

私の場合、当時の仕事内容と研究したいテーマが全く違っていたので、退職せざるを得なかったのですが、経済的な問題を含め、12年ぶりの本格的な受験勉強や英語、研究室での研究生活などに戸惑うことの連続でした。

 

そんな私の理系大学院生として得た、大学院入試や大学院生活でのノウハウや感じたことをこのサイトで紹介していきます。
社会人から大学院を目指そうとしている方の参考になれば幸いです。


大学院に入学したい社会人の方からの質問募集!

大学院に入学したい社会人の方からの質問を募集いたします(大学学部生から大学院に進学したい方でもOKです)。
Kilo(管理人)のわかる範囲で回答いたします。
ただし、質問の内容によっては、kiloの経験の範囲外ということもありますし、kiloのケースと質問される方のケースが違う場合があります。
Kiloの回答が必ずしも正しいという訳ではないことをご了承のうえ、アドバイス程度に参考にしていただければ幸いです。


ホーム RSS購読 サイトマップ